過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者に多く見られる疾病とその病態との組み合せについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
パーキンソン病-----------------歩行障害
 2 . 
脊髄小脳変性症----------------骨格筋の急速な筋力低下
 3 . 
大腿動脈の閉塞性動脈硬化症----間欠性跛行
 4 . 
肺結核------------------------呼気延長
 5 . 
関節リウマチ-------------------朝の手のこわばり
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
21

2:脊髄小脳変性症は運動失調を主な症状とする病気であり、筋力低下は緩やかです。小脳および脳幹から脊髄にかけての神経細胞が徐々に壊れていく病気です。

4:呼気延長は閉塞性呼吸器障害の症状です。肺結核は拘束性肺機能障害であり、そのような症状はありません。

2015/05/16 19:47
ID : anaohrzq
16

2 脊髄小脳変性症では、骨格筋の筋力低下がゆるやかに進行します。

4 肺結核の症状には、咳、痰、胸痛、発熱があります。

2015/03/20 19:14
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。