過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第14144問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険施設の施設サービス費における栄養マネージメント加算について正しいものはどれか。3つ選べ。
   1 .
常勤の管理栄養士を1名以上配置しなければならない。
   2 .
管理栄養士は、関連職種と共同して食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行う。
   3 .
栄養スクリーニングを踏まえ、入所(院)者ごとの解決すべき課題を把握することを、「栄養アセスメント」という。
   4 .
栄養アセスメントを踏まえ、医師の管理のもとに管理栄養士が栄養ケア計画を作成し、入所(院)者又は家族に説明し同意を得る。
   5 .
低栄養状態に陥るリスクが低い者は、おおむね6カ月ごとに栄養状態のモニタリングを行う。
( ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 保健医療サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
76
評価しない
1.栄養マネージメント加算の算定に必要な条件の一つに、常勤の管理栄養士1人以上の配置がある。

2.栄養ケア計画に基づいて個別対応した食事の提供を行い、栄養食事相談や関連職員への指導・助言、食事摂取状況や食事に関するインシデント・アクシデントの事例等の把握を行う。

3.栄養スクリーニングとは、栄養ケアマネジメントを実施を判断する材料として非常に重要なものである。これにより例栄養状態のリスクを把握することが出来る。栄養スクリーニングの実施項目は、①栄養スクリーニング用簡易質問票、②体重減少率、③上腕周囲長・上腕筋面積、④血清アルブミン⑤食事摂取量等である。栄養スクリーニングの結果でリスクのレベルは、低レベル者と中・高リスク者の2つに分けられる。次に利用者・家族に説明した後、栄養アセスメントで、この結果を踏まえ、解決すべき課題と詳しい栄養状態の自前評価がされる。

4.栄養ケア計画を作成するのは管理栄養士だけでなく、医師や看護職員、介護支援専門員等も共同で栄養ケア計画の作成を行う。

5.低リスク者は3か月、中リスク者は1か月ごと、高リスク者及び栄養補給法の移行の必要性がある者に関しては2週間ごとに栄養状態のモニタリングを行う。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
4 栄養アセスメントを踏まえ、施設長の管理のもとに医師、管理栄養士、歯科医師、看護職員、介護支援専門員、その他の職種のものが共同して栄養ケア計画を作成し、入所者または家族に説明し同意を得ます。

5 低栄養状態に陥る可能性が低い者は、おおむね3か月ごとに栄養状態のモニタリングを行います。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
1.設問の通りです。

2.設問の通りです。

3.設問の通りです。

4.栄養ケア計画は管理栄養士だけでなく、医師や歯科医師、看護師、ケアマネージャーなどが共同して作成します。

5.6ヶ月ごとではなく、3ヶ月ごとのモニタリングが必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。