過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
国際機能生活分類(ICF)とは、身体的な機能から評価したものである。
 2 . 
療養通所介護は、がんなどで病院に入院したまま利用できるサービスである。
 3 . 
長期臥床状態では、尿路結石が形成されやすい。
 4 . 
経腸栄養法が選択された場合、基本的には経口から食事を摂取してはならない。
 5 . 
糖尿病でインスリン治療中の高齢者では、低血糖が認知機能低下の要因となる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
29

1.ICFとは人間の生活機能と障害の分類法として、WHOにおいて採択された。身体的機能だけではなく、生活機能や環境因子、個人因子、健康状態の観点も含め分類を行う。

2.療養通所介護は、指定通所介護であり、難病等を有する重度要介護者又はがん末期の者で、サービス提供に当たり常時看護師による観察が必要なものを対象者とし、療養通所介護計画に基づき、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うものである。

3.尿路結石の原因として長期臥床の他に、食事の影響、水分不足、膀胱内留置カテーテルの長時間の挿入によっても起こることがある。

4.経腸栄養法が選択されていても、摂食・嚥下機能をアセスメントし、可能ならば経口摂取計画を作成して、それに基づき経口摂取を進める。

5.高齢者は、低血糖が慢性に持続すると低血糖性認知症を発症する可能性がある。

2014/09/03 00:21
ID : jkeqhweavf
9

1 ICFは生活機能から評価した分類法です。
生活機能を①心身機能・身体構造 ②活動 ③参加 の3つのレベルに分けています。

2 療養通所介護は、利用者宅から施設へ通うサービスであり、病院に入院している場合には利用できません。
常時看護師による観察が必要な難病、重度要介護者、末期がん等でも、可能な限り自宅で自立した生活を送ること、家族の負担軽減などを目的としています。

4 経腸栄養法を選択されている場合でも、可能な場合には経口で食事をすることを進めます。

2015/03/25 21:59
ID : ysaqtrmkds
2

1.ICFの分類は身体機能だけでなく、認知機能や環境因子なども考慮して行なわれます。

2.療養通所介護は在宅で生活している人が利用する通所サービスです。入院している場合には利用できません。

3.設問の通りです。

4.経腸栄養法を行なっていても、経口で食事を行なうことは可能です。

5.設問の通りです。

2016/05/30 11:10
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。