介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第16289問 出題

問題

介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
都道府県知事は、相談・苦情等の対応のために講じている措置を公表しなければならない。
 2 . 
都道府県知事は、介護サービスの質の確保ために講じている措置を公表しなければならない。
 3 . 
都道府県知事は、利用者の権利擁護のために講じている措置を公表しなければならない。
 4 . 
国民健康保険団体連合会は、報告された内容が事実かどうかを調査しなければならない。
 5 . 
市町村長は、事業者が提供を希望する任意報告情報を公表しなければならない。

このケアマネ 過去問の解説(4件)

評価する
32
評価しない
正解は1,2,3です。

介護サービス情報の公表制度とは、利用者が介護サービスや事業所・施設を適切に選ぶための情報を都道府県が提供する仕組みのことをいいます。
インターネットで検索することができます。
全国の事業所や施設の情報について見ることができますので、本人の居住地だけでなくご家族の居住地などの情報も一度に集めることができます。

4,5⇒報告された内容が事実かどうかを調査したり業者が提供を希望する任意報告情報を公表したりする義務があるのは、都道府県知事です。
評価後のアイコン
2014/10/16 22:46
ID : bqzuosqqxo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は 1、2、3 です。

4 国民健康保険団体連合会ではなく、【都道府県知事】が調査を行うことができます。

5 任意報告情報を公表するとされているのは、市町村長ではなく【都道府県知事】です。
評価後のアイコン
2015/05/11 09:25
ID : hunwafrb
評価する
7
評価しない
4 報告された内容の調査は都道府県知事が行います。

5 都道府県知事は、事業者が提供を希望する任意報告情報を公表しなければなりません。
評価後のアイコン
2015/04/08 16:58
ID : ysaqtrmkds
評価する
7
評価しない
正解は1,2,3

報告された内容に関して調査したり任意報告情報を公表するのは都道府県知事です。

国民健康保険団体連合会は苦情の受付や相談を受け、必要に応じて調査を行います。
評価後のアイコン
2014/10/25 15:59
ID : mvyhcefg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。