介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第16304問 出題

問題

高齢者に対する検査について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
体重増加は、心不全やネフローゼ症候群などによる浮腫の場合にもみられる。
 2 . 
在宅療養者が転倒し、四肢の骨折が疑われる場合には、診断や治療方針の確定のためにレントゲン検査を行う。
 3 . 
認知症は、知能評価スケールによって診断できるため、頭部のCTやMRIなどの画像検査は行わなくてよい。
 4 . 
通院検査では、前日や当日の禁煙食の指示の有無及びその遵守状況を確認する。
 5 . 
24時間心電図(ホルター心電図)検査は、医療者による継続的な観察が必要なため、入院して実施しなければならない。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
14
評価しない
3 認知症は、知能評価のなどのスケール結果のみで診断してはいけません。頭部のCTやMRIなどの画像検査も重要となります。

5 24時間心電図(ホルター心電図)検査は、入院する必要はなく、自宅で普通に生活しながら記録が録れるのが特徴です。
入院する必要はありません。
評価後のアイコン
2015/04/12 01:39
ID : ysaqtrmkds
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は 1、2、4 です。

3 認知症の有無・程度を把握するため簡易知能評価スケールが活用されていますが、診断にはCTやMRIなどの画像検査と併せて判断する必要があります。

5 24時間心電図(ホルター心電図)検査は、装着したまま在宅で生活することが可能であり、入院する必要はない。
評価後のアイコン
2015/05/12 10:49
ID : hunwafrb
評価する
7
評価しない
正解は1,2,4です。

3⇒認知症の中には、頭部CTやMRIなどの画像検査で特異的な所見を持つものがあります。
例えばアルツハイマー型認知症の初期の場合、脳全体の萎縮はそれほどでもないのですが、記憶を司る海馬という部分が著明に萎縮します。

5⇒ホルター心電図は、外来での検査が可能です。逆に自宅で行うことで、日常生活における負荷と不整脈の関係が良くわかり、診断に有効です。
評価後のアイコン
2014/10/20 18:08
ID : bqzuosqqxo
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。