過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第16319問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者のうつ病について正しいものはどれか。3つ選べ。
   1 .
背景因子として、社会役割の喪失や慢性疾患の合併がなどがある。
   2 .
若年期と比べ、気分・感情の落ち込みが目立ち、不安・焦燥感が目立たないことが多い。
   3 .
若年期と比べ、頭痛や肩こりなど身体症状を伴うことが多い。
   4 .
治療には薬物療法と精神療法があるが、高齢者の場合、精神療法は効果がないので、薬物療法のみを行なう。
   5 .
抗うつ薬によるうつ症状への効果の発現には時間を要するため、効果がないからと勝手に服薬を中断しない。
( ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 保健医療サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正解は 1、3、5 です。

2 老年期のうつ病では、不安や焦燥感、気分や感情の落ち込みといった否定的な症状が現れやすいです。

4 精神療法は有効であり、薬物療法と併用されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
2 高齢者のうつ病でも、不安・焦燥感を示しやすいとされています。

4 高齢者にも精神療法は有効なことがあり、薬物療法のみを利用するわけではありません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は1,3,5です。

2⇒若年者と比べ、不安症状が併存することがほとんどです。その他、心気的な訴えや意欲・集中力の低下を主訴とすることが多いです。

4⇒高齢者であっても精神療法は有効なことがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。