過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者のうつ病について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
背景因子として、社会役割の喪失や慢性疾患の合併がなどがある。
 2 . 
若年期と比べ、気分・感情の落ち込みが目立ち、不安・焦燥感が目立たないことが多い。
 3 . 
若年期と比べ、頭痛や肩こりなど身体症状を伴うことが多い。
 4 . 
治療には薬物療法と精神療法があるが、高齢者の場合、精神療法は効果がないので、薬物療法のみを行なう。
 5 . 
抗うつ薬によるうつ症状への効果の発現には時間を要するため、効果がないからと勝手に服薬を中断しない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
10

正解は 1、3、5 です。

2 老年期のうつ病では、不安や焦燥感、気分や感情の落ち込みといった否定的な症状が現れやすいです。

4 精神療法は有効であり、薬物療法と併用されます。

2015/05/22 16:17
ID : hunwafrb
4

正解は1,3,5です。

2⇒若年者と比べ、不安症状が併存することがほとんどです。その他、心気的な訴えや意欲・集中力の低下を主訴とすることが多いです。

4⇒高齢者であっても精神療法は有効なことがあります。

2014/10/20 19:02
ID : bqzuosqqxo
2

2 高齢者のうつ病でも、不安・焦燥感を示しやすいとされています。

4 高齢者にも精神療法は有効なことがあり、薬物療法のみを利用するわけではありません。

2015/04/21 21:25
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。