過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第25388問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
高齢者の不明熱では、悪性腫瘍や感染症が隠れていることがある。
   2 .
心室性期外収縮は、健康な人ではみられない。
   3 .
血圧測定は、上腕での測定が難しい場合には、下肢で測定してもよい。
   4 .
起立性低血圧は、飲酒や降圧剤の使用も原因となる。
   5 .
本態性高血圧は、腎臓や内分泌の異常により血圧が高い状態をいう。
( ケアマネジャー試験 平成28年度(第19回) 保健医療サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
正解は1,3,4です。

1.膠原病や褥瘡、誤嚥性肺炎などでも熱発がみられます。

2.健康な人でもみられます。

3.ただし、下肢の方が血圧が高い傾向にあります。

4.降圧剤はもちろん、アルコールも血圧を下げる作用があります。

5.本態性高血圧は、原因がはっきりしないのに血圧が高いものをいいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は、1・3・4です。

1:不明熱とは、原因が分からずに発熱することを言います。高齢者の発熱で多いのは感染症です。感染症は細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入して起きる病気です。膠原病や褥瘡、誤嚥性肺炎などでも熱発がみられたりします。

2:心室性期外収縮とは、心室からの異常興奮により生じる不整脈です。症状としては、脈が跳ぶ、脈が乱れるといった動悸症状を訴える人が多いですが、無症状で分からない方もいるので、気をつないといけないです。健康な人でもみられます。

3:下肢の方が血圧が高い傾向にあります。上肢がやせてしまったりする場合、計測が難しいことがあります。その場合は下肢で測定すると計れるということがあります。

4:降圧剤はもちろん、アルコールも血圧を下げる作用があります。起き上がったり、立ち上がったりした時に、急な血圧低下による「立ちくらみ」を引き起こし、転倒や失神の危険があります。対策としては、起き上る時には、体の向きを変えながら、ゆっくりと時間をかけて行います。その場で足踏みなども効果的です。

5:本態性高血圧は、原因がはっきりしないのに血圧が高いものをいいます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は、1・3・4です。

1については、不明熱とは、原因がわからずに発熱していることを言います。
不明熱が出た場合は、悪性腫瘍や感染症を疑う必要があります。

3については、上肢がやせてしまったりする場合、計測が難しいことがあります。その場合は下肢で測定すると計れるということがあります。

4については、急に立ち上がった時にふらつきや立ちくらみなどの症状が起こるのが起立性低血圧です。薬剤やアルコールのほかに、疾患などが原因で起こる場合もあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。