過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第25416問」を出題

問題

[ 設定等 ]
認知症対応型共同生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
   1 .
計画作成担当者は、厚生労働大臣が定める研修を修了している者でなければならない。
   2 .
入退去に際しては、その年月日を利用者の被保険者証に記載しなければならない。
   3 .
入居した日から30日以内の期間について算定される初期加算は、短期利用にも適用される。
   4 .
利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、居室を二人部屋にすることはできない。
   5 .
非常災害に対する具体的な計画を、定期的に従業者に周知しなければならない。
( ケアマネジャー試験 平成28年度(第19回) 福祉サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正解は1、2、5です。

1.また計画作成担当者のうち1人以上は、介護支援専門員でなければなりません。

2.介護保険施設ですから、契約の開始終わりで年月日が記入されると思われます。

3.設問の通りです。ちなみに居宅のケアマネージャーが緊急性を認めた場合、短期利用で定員を一人オーバーすることも可能になる流れができつつあります。

4.必要があれば2人部屋は認められます。

5.指定基準に定められている項目になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解:1・2・5です。

1:設問の通りです。

2:指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の第95条に、「指定認知症対応型共同生活介護事業者は、入居に際しては入居の年月日及び入居している共同生活住居の名称を、退居に際しては退居の年月日を、利用者の被保険者証に記載しなければならない」と定められています。

3:初期加算に関しては、短期利用の場合には算定できません。

4:利用者の処遇上必要と認められる場合には、2人部屋にすることは可能です。

5:設問の通りです。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は1、2、5です。

認知症対応型共同生活介護とは、認知症のある要介護者が認知症の人達と一緒に生活しながら、自分のできる事(料理や自分の得意なこと)や地域との交流を通して自立した日常生活を出来るようにしていくサービスです。

1:計画作成担当者は、厚生労働大臣が定める研修を修了している者でなければなりません。また計画作成担当者のうち1人以上は、介護支援専門員でなければなりません。

2:介護保険施設ですから、契約の開始終わりで年月日が記入されると思われます。指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の第95条に、「指定認知症対応型共同生活介護事業者は、入居に際しては入居の年月日及び入居している共同生活住居の名称を、退居に際しては退居の年月日を、利用者の被保険者証に記載しなければならない」と定められています。

3:初期加算に関しては、短期利用の場合には算定できません。

4:利用者の処遇上必要があれば2人部屋は認められます。

5:指定基準に定められている項目になります。非常災害に対する具体的な計画を、定期的に従業者に周知しなければなりません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。