過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31414問」を出題

問題

[ 設定等 ]
指定介護予防支援について適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
運動機能及び口腔機能の改善に特化して行う。
   2 .
利用者の生活の質の向上を目指す。
   3 .
地域支援事業と連続性及び一貫性を持って行う。
   4 .
モニタリングをしなければならない。
   5 .
要介護状態の改善を図る。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 介護支援分野 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
正解は2、3、4です。
1 運動機能及び口腔機能改善に特化するのではなく、利用者の維持向上に向けて行うものです。
2 利用者の質の向上を目指します。
3 地域支援事業者と一緒に連続性、一貫性を持って行います。
4 3ヶ月に1度は訪問しモニタリングを行います。
5 予防支援なので要介護状態の改善ではなく、要支援者が対象です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解:2、3、4です。

介護予防とは、心身機能の改善等を目指すものではなく、ICFの観点から、一人ひとりの生活の質の向上や自己実現の達成を目指すことが重要です。

1:一部の機能改善に特化するのではなく、ICFの観点に基づき「心身機能・身体構造」「活動」「参加」に対してバランスよく働きかけることが大切です。

2:その通りです。

3:2015年(平成27年)から地域支援事業が創設されています。地域支援事業は、高齢者が要介護または要支援状態にならないように予防していく事業です。そのため、指定介護予防支援と連続性・一貫性を持って取り組む必要があります。

4:モニタリングは介護支援専門員の業務であり、法律上定められているものです。要支援者に対して、少なくとも3ヶ月に1回は自宅へ訪問しモニタリングが必要です。

5:指定介護予防支援ですので、対象者は要支援者です。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は2、3、4です。

1、運動機能及び口腔機能の改善に特化して行うわけではなく、自立した生活の維持や、日常生活機能の向上を目指すことができるよう支援を行っていくことが必要です。

2、利用者の生活の質の向上を目指す必要があります。

3、地域支援事業とは、介護予防事業、包括的支援事業、任意事業をさし、指定介護予防支援との連続性及び一貫性をもって行うことが必要です。

4、介護予防支援対象となる要支援1か2の場合は3ケ月に1回以上、利用者の自宅に訪問しモニタリングを行う必要があります。
また、要介護1~5の場合は1か月に1回以上、利用者の自宅に訪問しモニタリングを行う必要があります。

5、介護予防支援対象となるのは基本的に自立している健康な高齢者(地域支援型の予防サービスのみ)と、要支援1~2の高齢者です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:× ・運動及び移動
   ・家庭生活を含む日常生活
   ・社会参加並びに対人関係及びコミュニケーション
   ・健康管理
 の項目のアセスメントをもとに介護予防支援計画が作成され自立した日常生活を営むことができるように支援すべき総合的な課題の把握が行われるため誤りです
2:〇 正解です
3:〇 正解です
4:〇 3か月に1回は居宅を訪問し、訪問しない月は可能な限り面接するように努めるか電話等により利用者との連絡を行いモニタリングをするため正解です
5:× 指定介護予防支援は要支援者が対象になるため誤りです
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。