過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31425問」を出題

問題

[ 設定等 ]
指定介護老人福祉施設について正しいものはどれか。2つ選べ。
   1 .
入所者の退所に際しては、居宅介護支援事業者に対する情報の提供に努めなければならない。
   2 .
施設サービス計画は、介護支援専門員以外の者に作成させることができる。
   3 .
サービス担当者会議の開催は、計画担当介護支援専門員が行う。
   4 .
常時2人以上の常勤の介護職員を従事させなければならない。
   5 .
1週間に1回、入所者を入浴させなければならない。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 介護支援分野 )

この過去問の解説 (5件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解:1、3です。

1:入所者が退所する際には、次に担当となる、居宅介護支援事業所へ情報提供することが必要です。

2:施設サービス計画は、施設の介護支援専門員が行います。

3:設問の通りです。

4:夜勤も含め、常勤の介護職員を常時1名以上配置しなければいけません。

5:1週間に2回以上、入浴もしくは清拭を行わなければいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は1、3です。
1 退去する際に、居宅介護支援事業所に情報提供に努めなければならないです。
2 施設でのサービス計画は施設の介護支援専門員が行う必要があります。
3 サービス担当者会議の開催は担当してる介護支援専門員が行います。
4 常時1名以上の常勤の介護職員を従事させます。
5 1週間に2回以上の入浴や清拭をしなければいけません。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1、適切です。入所者が退所する場合には、居宅介護支援事業者に対して情報提供する事や、保健・医療・福祉サービス提供事業所と連携する事が規定されています。

2、不適切です。施設サービス計画書は、施設介護支援専門員が作成する物です。

3、適切です。サービス担当者会議は、計画作成担当介護支援専門員が開催します。

4、不適切です。指定介護老人福祉施設において、介護職員は常勤換算法で、入所者の人数3名に対して1名配置する事と定められています。

5、不適切です。入浴または清拭の回数は、週2回以上と定められています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は1、3です。

1.入所者の退所の際、その後在宅生活となる場合には居宅介護支援事業者に対する情報提供を行う必要があります。

2.指定介護老人福祉施設等の施設介護サービス計画は、施設介護支援専門員が行います。

3.サービス担当者会議は、計画担当の介護支援専門員が行います。

4.介護職員及び看護職員の総数は、常勤換算方法で、入所者の数が3又はその端数を増すごとに1以上必要です。

5.1週間に2回以上は、入浴もしくは清拭を行う必要があります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:〇 入所者の退所の時に、在宅生活で関わる居宅介護支援事業者に情報の提供をするように努めなければならないため正解です
2:× 施設サービス計画は、施設介護支援専門員が作成するため誤りです
3:〇 正解です
4:× 常時1人以上の常勤の介護職員が従事するため誤りです
5:× 1週間に2回以上入浴させ又は清拭しなければならないため誤りです
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。