過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31432問」を出題

問題

呼吸器疾患について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
急性上気道炎では、ウイルス感染が疑われる場合であっても.肺炎予防のために抗菌薬を使用する。
 2 . 
誤燕性肺炎は、口腔咽頭分泌物などを繰り返し誤喋することにより発症する。
 3 . 
慢性閉塞性肺疾息( COPD )では、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が使用される。
 4 . 
慢性閉塞性肺疾患( COPD )は、介護保険法の特定疾病に指定されている。
 5 . 
慢性閉塞性肺疾患( COPD )では、発症すると症状は改善しないため、禁煙する必要はない。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 保健医療サービスの知識等 )

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
正解は2、3、4です。
1 ウィルス感染が原因の場合、抗菌薬は効果を示さないので使用はしません。
2 誤燕性肺炎は、口腔咽頭分泌物などを繰り返し誤嚥することにより発症します。
3 慢性閉塞性肺疾息( COPD )では、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が使用されます。
4 慢性閉塞性肺疾患( COPD )は、介護保険法の特定疾病に指定されています。
5 慢性閉塞性肺疾患の原因は汚れた空気を吸うことなので症状の進行を防ぐ為に禁煙をする必要があります。
評価後のアイコン
2018/06/27 14:31
ID : uqapbdzz
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解:2、3、4です。

1:抗菌薬は、細菌感染に対して使用されるものです。ウイルス感染が疑われる場合には、使用しません。

2:設問の通りです。

3:気管支拡張薬や吸入ステロイド薬は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対して使用されます。

4:設問の通りです。

5:慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、タバコなどに含まれる、有害物質を長期的に吸入することによって起こる疾患です。そのため、症状が進行しないように禁煙をすることが必要です。
評価後のアイコン
2018/08/09 11:33
ID : xwvwfxho
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。