過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31445問」を出題

問題

高齢者のがんとターミナルケアについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
若年者と比較して、高齢者ではがんによる痛みの訴えが多くなる。
 2 . 
BPSD( 認知症の行動・心理症状 )には、がん性疼痛が原因のこともある。
 3 . 
小規模多機能型居宅介護では、ターミナルケアは提供できない。
 4 . 
介護老人保健施設入所者に対するがんの治療は、医療保険の適用について制限を受けない。
 5 . 
死後のケアであるエンゼルケアは、遺族のグリーフケアとしても意味がある。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 保健医療サービスの知識等(総合) )

この過去問の解説(2件)

評価する
7
評価しない
正解は2、5です。
1 高齢者は痛みを感じにくくなるので、がんの痛みの訴えが若年者と比べ少ないです。
2 BPSD( 認知症の行動・心理症状 )には、がん性疼痛が原因のこともあります。
3 ターミナルケアが実施されることもあります。
4 医療保険の適用について制限があります。
5 死後のケアであるエンゼルケアは、遺族のグリーフケアとしても意味があります。
評価後のアイコン
2018/06/27 15:29
ID : uqapbdzz
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解:2、5です。

1:高齢者においては、痛みを訴える人が少ないです。

2:BPSDを引き起こす要因として、身体的側面から他の疾患による痛みというものがあるため、がん性疼痛が原因であることもあります。

3:小規模多機能型居宅介護において、看取り連携体制加算というものがあります。看護師により24時間体制で連絡がつくようにし、看取りの方針を決め、利用開始時に本人や家族に説明・同意を行っている場合に算定可能です。

4:介護老人保健施設での医療行為には制限があります。そのため、がん治療に関しても制限される部分があります。

5:エンゼルケアで、故人の体に触れ、その体を清めることは、遺族の悲しみを癒すためのグリーフケアとしての重要な役割を果たします。
評価後のアイコン
2018/08/16 12:06
ID : xwvwfxho
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。