過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31452問」を出題

問題

[ 設定等 ]
マクロ・ソーシャルワーク( 地域援助 )として、より適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
震災被災者に対するボランティアを組織化し、サービス提供の仕組みを構築する。
   2 .
地域における多様な住民の課題に応えるため、医療、保健、福祉等の専門職だけで問題解決を図る。
   3 .
地域で生活に困っている外国人に対して、自治体職員が個別に訪問し、相談面接を行う。
   4 .
小学校において、地域で生活している高齢者の方々から講話をしてもらうなどの世代問交流の機会を設ける。
   5 .
地域の聴覚言語障害者に対して適切に情報提供が行われるよう、要約箪記者、手話通訳者の配置などを自治体に働きかける。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 福祉サービスの知識等 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
正解:1、4、5です。

マクロ・ソーシャルワークとは、地域を支援対象としています。社会資源の活性化やネットワーク作りが目的です。

1:震災被災者へのボランティアを組織化し、サービスを提供することは、地域の社会資源を作っているため、マクロ・ソーシャルワークと言えます。

2:医療・保健・福祉等の専門職だけで問題解決を図ろうとすることは、他職種協働の働きであると考えられます。

3:自治体職員の個別での対応に関しては、ミクロ・ソーシャルワークにあたります。

4:地域で生活している世代間の交流をはたらきかけることは、マクロ・ソーシャルワークと言えます。

5:地域の聴覚言語障害者に対して適切に情報提供が行われるよう自治体へはたらきかけることは、マクロ・ソーシャルワークと言えます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は1、4、5です。
1 震災被災者に対するボランティアを組織化し、サービス提供の仕組みを構築するのは適切です。
2 医療、保健、福祉等の専門職だけで問題解決を図ることは多職種連携の一部であると考えられています。
3 マクロ・ソーシャルワークではなく、ミクロ・ソーシャルワークです。
4 小学校において、地域で生活している高齢者の方々から講話をしてもらうなどの世代問交流の機会を設けるのは適切です。
5 地域の聴覚言語障害者に対して適切に情報提供が行われるよう、要約箪記者、手話通訳者の配置などを自治体に働きかけるのは適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は1、4、5です。

ソーシャルワークは、
クロ・ソーシャルワーク(個別援助)
メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)
マクロ・ソーシャルワーク(地域援助) にわけることができます。

1.選択肢は、マクロ・ソーシャルワークにあたる援助方法の一つです。

2.選択肢は、チームアプローチとしての働きかけの一つです。

3.選択肢は、ミクロ・ソーシャルワークにあたる援助方法の一つです。

4.選択肢は、マクロ・ソーシャルワークにあたる援助方法の一つです。

5.選択肢は、マクロ・ソーシャルワークにあたる援助方法の一つです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。