過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第48873問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
在宅における家族に対する看取りの支援は、医師、看護師、介護支援専門員などが行う。
   2 .
在宅では、臨終に際して家族のみで対応することもあり得るため、家族に対する看取りの準備教育として、身体の変化、緊急時の連絡方法、死亡確認の方法などが必要になる。
   3 .
家族に在宅で看取る意向があるならば、後方支援の病院において家族が看取ることも可能であるという説明は行うべきではない。
   4 .
診療中の患者が、診察後24時間以内に当該診療に関連した傷病で死亡した場合には、改めて診察をすることなく死亡診断書を交付することができる。
   5 .
死亡診断書に記載される死亡時刻は、生物学的な死亡時刻ではなく、医師が到着後に死亡を確認した時刻でなければならない。
( ケアマネジャー試験 令和元年度(第22回) 保健医療サービスの知識等 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
1.○ 各職種で連携し、本人・家族の満足のいく見取りができるよう支援します。

2.○ 臨終の際に専門職がすぐ駆け付けられない場合があるため、必要時に備えて準備・説明しておくことが望ましいです。

3.× 当初在宅で看取る意向だったとしても、負担の増大や環境の変化等、途中で在宅での見取りが困難になることもあるので、後方支援の病院においての見取り等の説明を行い、選択肢の幅を広げておくことが望ましいです。

4.○ 本来は診察をした上で死亡診断書を交付しなくてはなりませんが、設問の通り、診療後24時間以内に当該診療に関連する傷病で亡くなった場合は、その限りではないとされています。

5.× 医師が死亡を確認した時刻ではなく、生物学的な死亡時刻を推定し、その時刻を記入します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1:〇 正解です
2:〇 家族でも話し合い、後悔のない判断ができるようにしておく必要があるため正解です
3:× 病院に説明する必要があるため誤りです
4:〇 正解です
5:× 死亡確認時刻ではなく、死亡時刻を記入することが原則のため誤りです
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は、1と2と4です。

1と2 正解です。

3 後方支援の病院において、家族が看取ることも可能であるという説明を行うべきです。

4 正解です。

5 死亡診断書に記載される死亡時刻は、生物学的な死亡時刻を記載します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。