過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第48884問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。
   1 .
通所介護計画は、その内容について利用者に説明して同意を得た上で作成し、利用者に口頭で示せばよい。
   2 .
通所介護計画は、介護支援専門員が作成しなければならない。
   3 .
サービス提供時間が9時間以上の場合は、延長加算を算定できる。
   4 .
若年性認知症の利用者を受け入れた場合は、認知症加算に加えて、若年性認知症利用者受入加算を算定できる。
   5 .
利用者は、利用日ごとに異なる提供時間数のサービスを受けることができる。
( ケアマネジャー試験 令和元年度(第22回) 福祉サービスの知識等 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
1:× 通所介護計画は利用者に説明し利用者の同意を得て、利用者に書面で交付しなければならないため誤りです
2:× 通所介護計画は管理者が作成するため誤りです
3:〇 正解です
4:× 認知症加算を算定している場合は若年性認知症利用者受入加算を算定できないため誤りです
5:〇 正解です
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.× 通所介護計画は、口頭ではなく書面で交付する必要があります。

2.× 通所介護計画は、介護支援専門員ではなく、通所介護の管理者が作成しなければなりません。

3.○ 9時間以上のサービス提供を行った場合、延長加算を算定できます。9時間以上から、最大14時間未満まで算定することが出来ます。

4.× 認知症加算と若年性認知症利用者受入加算は同時算定できません。

5.○ 本人・家族のニーズに合わせて、サービス利用時間を変更することが出来ます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は、3と5です。

1  通所介護計画は、その内容について利用者に説明して同意を得た上で作成し、利用者に書面で示します。

2 通所介護計画は、デイサービス(通所介護)の管理者が作成します。

3 正解です。

4 認知症加算を算定している場合は、若年性認知症利用者受入加算を算定できません。

5 正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。