過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第53149問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険料について正しいものはどれか。2つ選べ。
   1 .
普通徴収による第1号被保険者の保険料については、その配偶者に連帯納付義務がある。
   2 .
第1号被保険者の保険料に係る特別徴収は、社会保険診療報酬支払基金が行う。
   3 .
国民健康保険に加入する第2号被保険者の保険料は、都道府県が徴収する。
   4 .
所得段階別定額保険料の所得区分は原則として9段階であるが、市町村の条例でさらに細分化することができる。
   5 .
第2号被保険者負担率は、市町村が条例で定める。
( ケアマネジャー試験 令和2年度(第23回) 介護支援分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1.〇 普通徴収は、本人だけでなく、その人の
   配偶者や世帯の世帯主も連帯して支払いを
   負います。

2.× 特別徴収は、年金からの天引きになります。

3.× 第2号被保険者の保険料は、医療保険料と一体
   的に徴収されるため、都道府県ではなく、
   市町村となります。

4.〇 市町村民税の課税状況等の応じて、9段階に
   設定されています。また、市町村が被保険者
   の所得状況に応じ、保険料の段階を細かに
   設定できます。

5.× 第2号被保険者の負担率は、全国の介護
   保険サービスにかかる費用見込みを
   もとに第2号保険者が1人あたり平均して
   いくら負担するかを国が定めます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1、4です。

1.第1号被保険者の保険料徴収には特別徴収と普通紙徴収があります。普通徴収の対象は無年金者や低年金者であり、第1号被保険者が属する世帯の世帯主および第1号被保険者の配偶者は、保険料の連帯納付義務を追うため、問題文は正答となります。

2.第1号被保険者の特別徴収は、年額18万円以上の老齢年金、退職年金、障害年金、遺族年金を受給している方が対象となります。徴収は年金支給時に年金保険者が天引きします。
社会保険診療支払基金は、第2号被保険者の保険料を徴収し、市町村に対し介護給付交付金、地域支援事業支援交付金を交付する機関です。


3.国民健康保険に加入する第2号被保険者の保険料は、国民健康保険料に上乗せする形で徴収されます。そのため、都道府県ではなく市町村が徴収します。

4.正答です。所得に応じて賦課される率は全国的に同様の率となっており、9段階が標準になっています。ただし、市町村によって9段階以上を設けることも可能となっています。

5.第2号被保険者負担率は人口の比率に基づき、3年ごとに設定されます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1:正しいです。普通徴収の場合、第1号被保険者の世帯主および配偶者には、保険料の連帯納付義務が課せられます。
2:第1号被保険者の保険料に係る特別徴収は年金保険者が行います。
3:国民健康保険に加入する第2号被保険者の保険料は、市町村が徴収します。
4:問題文の通りです。
5:第2号被保険者負担率は、国が条例で定めます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。