過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問「第35776問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
柱のスパイラル筋は、末端部を135°フック付きとした。
   2 .
鉄筋間隔の最小値は、呼び名の数値の1.5倍、粗骨材最大寸法の1.25倍、25mmのうち、最も大きい数値とした。
   3 .
SD390、D32の異形鉄筋を90°曲げとするので、折曲げ内法直径を5d以上とした。
   4 .
梁せいが2mの基礎梁を梁断面内でコンクリートの水平打継ぎとするので、上下に分割したあばら筋の継手は、180°フック付きの重ね継手とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問70 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
1.〇 柱のスパイラル筋(横方向に巻くあばら筋)は、末端部で135°折り曲げます。

2.✕ 鉄筋間隔とは、鉄筋の芯から芯までの距離のことで、鉄筋のあきとは、鉄筋間のクリアランス距離です。
鉄筋のあきの最小値は、異形鉄筋の場合、「鉄筋径の1.5倍以上」「粗骨材最大寸法の1.25倍以上」「25mm以上」のうち最大値を採用、この3点を覚えてください。
鉄筋のあきでこれだけ必要ですから、鉄筋間隔がこの数値ですと、クリアランス距離が足りないことになります。

3.〇 SD390 D32の異形鉄筋を90°曲げとする場合、折り曲げ内法直径を5d以上とします。

4.〇 梁せい2mの基礎梁を梁断面内水平打ち継ぎとする場合、上下に別れたあばら筋の継手は180°フック付き重ね継手とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。