過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問69を出題

問題

[ 設定等 ]
場所打ちコンクリート杭のアースドリル工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鉄筋かごのかぶり厚さを確保するためのスペーサーは、D13の鉄筋を用いた。
   2 .
コンクリートのスランプは、トレミー管を通じて打ち込むため18cmとした。
   3 .
杭頭の余盛りの高さは、スライムなどが混入するおそれがあるため100cmとした。
   4 .
孔壁内面と鉄筋かごの最外側の鉄筋との間隔は、かぶり厚さを確保するため10cmとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問69 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
アースドリル工法とは、現場に深い穴を掘り、かご状にした鉄筋を差し込み、コンクリートを流し込むことで現場で杭を作る工法です。

1.✕ 鉄筋かごのかぶり厚を確保するため、鉄筋にスペーサーと呼ばれるフラットバーを加工した「部材」を取り付けるのが一般的です。鉄筋ではなく、部材です。

2.〇 コンクリートのスランプ値は18~21cmが一般的です。

3.〇 杭頭の余盛りは80~100cm程度必要ですが、施工誤差等も考慮し、100cmとするのが妥当です。

4.〇 鉄筋のかぶり厚が不足するとクラック(ひび割れ)等、施工不良の原因となります。かぶり厚は10cm以上確保するのが一般的です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。