過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問50を出題

問題

[ 設定等 ]
市街地における、鉄筋コンクリート造の建築物の躯体の圧砕機による地上解体工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
コンクリート片の飛散防止や騒音防止のため、防音パネルを取り付けた。
   2 .
最初に作業開始面の外壁を解体し、オペレーターが建物の各部材に対応できる視界を確保した。
   3 .
各階の解体は、外周部を先行して解体し、中央部分を最後に解体した。
   4 .
解体時に発生する粉じんの飛散を防止するため、充分な散水をした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問50 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
31
評価しない
正解は3です。

1.市街地なので周辺環境に配慮した工事を行う事が望ましいです。

2.例文の通りです。

3.外周部を先に解体すると中央部の崩落が起きる可能性があるので、中央部から解体を行います。

4.粉塵の飛散防止には散水が有効です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は3です。

鉄筋コンクリート造は外周部が骨組みとなります。

先に外周部を解体すると崩壊してしまいます。

1.設問の通りです。

  外周に防音パネルを設置する事により、飛散防止、騒音防止が出来ます。

2.設問の通りです。

  視界を確保する事により、安全に解体工事を進める事が出来ます。

  

3.正しくは「各階の解体は、中央部分を先行して解体し、

  外周部を最後に解体した。」となります。

4.設問の通りです。

  散水をする事により、粉塵の飛散を防止できます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。