過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問49を出題

問題

[ 設定等 ]
在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
筋かいにより引張力が生じる柱の脚部近くの土台には、柱心より150mmの位置にアンカーボルトを設置した。
   2 .
柱に使用する心持ち材には、干割れ防止のため、見え隠れ部分へ背割りを入れた。
   3 .
根太の継手は、大引の心で突付け継ぎとし、釘打ちとした。
   4 .
洋式小屋組における真束と棟木の取合いは、棟木が真束より小さかったので、長ほぞ差し割くさび締めとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問49 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
45
評価しない
正解は4です。

1.例文の通りです。

2.柱の割れ防止には背割りが有効です。

3.根太の継手は土台もしくは大引の芯で突きつけ継ぎとなります。

4.束と棟木の取り合いはかすがい等を用いた接合を行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

正解は4です。

棟木が真束より小さくても、かすがい金物等で緊結します。

長ほぞ差し割くさび締めは土台の仕口に用いられます。

1.設問の通りです。

  アンカーボルトは一般に柱の下部から200㎜以内の位置に設置します。

2.設問の通りです。

  心持ち材は床柱などに使われます。

  床柱は見えない位置に背割りがあります。

  

3.設問の通りです。

  また、継手位置は乱に配置します。

4.正しくは「洋式小屋組における真束と棟木の取合いは、

  棟木が真束より小さかったので、かすがい金物で緊結した」となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。