過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 8 問95を出題

問題

[ 設定等 ]
アスファルト防水改修工事における、既存部分の撤去及び新規防水の下地に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
既存の保護コンクリートは、ハンドブレーカーを使用し、取合い部の仕上げ材や躯体に損傷を与えないように撤去した。
   2 .
平場部の既存アスファルト防水層は、けれん棒を使用し、下地材に損傷を与えないように撤去した。
   3 .
平場部の既存アスファルト防水層を全て撤去した後、立上り部及びルーフドレーンまわりの防水層を残したまま、新たにアスファルト防水層を施工した。
   4 .
既存防水層撤去後の下地コンクリート面の軽微なひび割れは、新規防水が絶縁工法だったので、シール材で補修した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問95 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
正解は【3】です。

1.既存の保護コンクリートは、ハンドブレーカーを使用し、取合い部の仕上げ材や躯体に損傷を与えないように撤去します。

2.平場部の既存アスファルト防水層は、けれん棒を使用し、下地材に損傷を与えないように撤去します。

3.平場部の既存アスファルト防水層を全て撤去した後、立上り部及びルーフドレーンを残すと、新たにアスファルト防水層の継ぎ目部分が漏水を起こす原因となるため、既存のアスファルト防水層は全て撤去します。

4.既存防水層撤去後の下地コンクリート面の2mm未満のひび割れは、新規防水が絶縁工法の場合には、ゴムアスファルト系シール材で補修します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1.◯ 既存の保護コンクリートは、ハンドブレーカーを使用し、取り合い部の仕上げ材や躯体に損傷を与えないように撤去する。

2.◯ 平場部の既存アスファルト防水層は、けれん棒を使用し、下地材に損傷を与えないように撤去する。

3.✕ 平場部の既存アスファルト防水層を撤去し、立上り部やルーフドレンまわりの防水層を残すと、残した部分と新たなアスファルト防水層のなじみが悪く、漏水の原因となる。

4.◯ 防水層撤去後の下地コンクリート面の軽微なひび割れは、新規防水が絶縁工法ならば、シール材補修で足りる。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。