過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問3を出題

問題

[ 設定等 ]
音に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
1点から球面状に広がる音源の場合、音源からの距離が2倍になると、音の強さのレベルは約6dB減少する。
   2 .
残響時間は、室内の仕上げが同じ場合、室の容積が大きいほど長くなる。
   3 .
同じ機械を同じ出力で2台運転した場合、1台を止めると、音の強さのレベルは約3dB減少する。
   4 .
単層壁の透過損失は、同じ材料の場合、厚さが厚いものほど小さくなる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問3 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
37
評価しない
1.◯ 音が1点から球面状に広がる場合、音の強さは音源からの距離の2乗に反比例して減衰していく。この法則に従うと、音源からの距離が2倍になるごとに6dBずつ減衰することになる。

2.◯ 音は、天井や壁等での吸音により減衰し、残響音はしだいに小さくなる。音源の音が鳴り止んだ時点から、音響が60dB下がるのに要する時間を残響時間という。

3.◯ 音のレベルの合成において、2音のレベルが同じ場合は、その1音のレベルに3dB加えれば良い。したがって同じ機械を同じ出力で2台運転した場合、1台を止めると、音の強さのレベルは、約3dB減少する。

4.✕ 透過損失とは、材料や構造体の遮音の程度を表す量であり、透過損失=入射音の強さ(dB)-透過音の強さ(dB)となる。よって、壁の透過損失はその値が大きいほど遮音性能がよく、単層壁の透過損失は、同じ材料の場合厚さが厚いものほど大きい。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
22
評価しない
正解は【4】です。

1.1点から球面状に広がる音源の場合、音源からの距離が2倍になると、音の強さのレベルは約6dB減少します。

2.残響時間は、室内の仕上げが同じ場合、発生音の大小に関わらず、室容積に比例します。
このため、室の容積が大きいほど長くなります。

3.同じ機械を同じ出力で2台運転した場合、1台を止めると、音の強さのレベルは約3dB減少します。

4.透過損失とは、壁体の遮音性を示す数値です。
単層壁の透過損失は、同じ材料の場合、重い材料を使用し、厚さが厚いものほど、また入射周波数が高いほど、透過損失の値は大きくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。