過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問5を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨構造の一般的な特徴に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
圧縮材は、細長比が小さいものほど座屈しやすい。
   2 .
柱脚の形式には、露出形式、根巻き形式、埋込み形式がある。
   3 .
鉄筋コンクリ―ト構造に比べ、同じ容積の建築物では、構造体の軽量化が図れる。
   4 .
トラス構造は、比較的細い部材で三角形を構成し、大きな空間をつくることができる構造である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問5 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は【1】です。

1.圧縮材は、部材が細長くなるほど、座屈が起こりやすくなります。
細長比が大きくなるほど許容圧縮応力度が小さくなる、すなわち座屈しやすいということになります。

2.柱脚の形式には、露出形式、根巻き形式、埋込み形式があります。
柱脚の固定度は、露出形式→根巻き形式→埋込み形式の順に大きくなります。

3.鉄骨造は、鉄筋コンクリ―ト構造と比べると、自重が軽く、構造体の軽量化を図ることが可能です。

4.トラス構造は、三角形を1単位として構成する構造です。比較的細い部材を用いて、合理的な骨組みで大スパンの構造を造ることが可能です。
ただし加工、組立て等の面で手間がかかる=コストが高くつくことが問題点として挙げられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。