過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問6を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
厚さの異なる板をボルト接合する際に設けるフィラープレートは、板厚の差によるすき間を少なくするために用いる。
   2 .
柱と梁を接合する接合部に設けるダイアフラムは、梁のフランジ厚さと同じ板厚のものを用いる。
   3 .
ボルト接合の際に部材間の応力を伝達するために設けるスプライスプレートは、母材に添えて用いる。
   4 .
鉄骨梁と鉄筋コンクリート床版を一体とする合成梁に設ける頭付きスタッドは、梁へスタッド溶接して用いる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問6 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
34
評価しない
正解は2です。

ダイヤフラムの厚さは突合せ溶接の食い違いや、製作誤差を考慮し、梁フランジに比べ厚いものを用います。


1.板厚による隙間が1㎜を超える場合にはフィラーと呼ばれる薄鋼板を用いて隙間の充填をします。

3.スプライスプレートは柱や梁の高力ボルト接合に用いる添え板で、母材に添えて用います。

4.鉄骨梁と鉄筋コンクリート床版を一体とする合成梁には、頭付きスタットボルトを梁フランジ面などに垂直に溶接します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は【2】です。

1.フィラープレートは、厚さの異なる板をボルトや高力ボルト接合する際に、板厚を揃えるために用いられる鋼板です。

2.柱と梁を接合する接合部は、構造上の弱点になりやすく、剛性を高めるためにダイアフラムを入れることで補強を行います。
ダイアフラムは、梁のフランジ厚さの2サイズ以上大きな板厚のものを用います。

3.スライスプレートは、ボルト接合の際に部材間の応力を伝達するために設ける添え板で、母材に添えて用います。

4.スタッドボルトは、鉄骨の柱や梁に溶接し、コンクリートとの接合性を高める目的で使用される埋込みボルトです。
鉄骨梁と鉄筋コンクリート床版を一体とする場合、合成梁に設ける頭付きスタッドは、梁へスタッド溶接して用います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。