過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問8を出題

問題

[ 設定等 ]
建築物の構造設計における荷重及び外力に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
風圧力は、その地方における過去の台風の記録に基づいて定められた風速に、風力係数を乗じて計算する。
   2 .
地上階における地震力は、算定しようとする階の支える荷重に、その階の地震層せん断力係数を乗じて計算する。
   3 .
床の構造計算をする場合と大梁の構造計算をする場合では、異なる単位床面積当たりの積載荷重を用いることができる。
   4 .
雪下ろしを行う慣習のある地方では、積雪荷重を低減することができる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問8 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない

正解は【1】です。

1.風圧力は、速度圧に風力係数を乗じて計算します。
速度圧は、その地方における過去の台風の記録に基づいて定められた風速に影響係数を乗じて求めます。
風力係数は、建物の形状および風向きに応じて定められています。

2.地上階における地震力は、算定しようとする階の支える荷重に、その階の地震層せん断力係数を乗じて計算します。

3.構造計算に用いる積載荷重は、各部位によって数値が異なります。
床の構造計算をする場合と大梁の構造計算をする場合では、異なる単位床面積当たりの積載荷重を用いることができます。

4.雪下ろしを行う慣習のある地方では、積雪荷重を低減することができます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。