過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問9を出題

問題

[ 設定等 ]
図に示す単純梁に等分布荷重が作用したとき、支点に生じる鉛直反力VA及びVBの値の大きさの組合せとして、正しいものはどれか。
問題文の画像
   1 .
VA=2.0kN、VB=4.0kN
   2 .
VA=2.5kN、VB=3.5kN
   3 .
VA=3.0kN、VB=3.0kN
   4 .
VA=3.5kN、VB=2.5kN
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問9 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
正解は2です。

まず、等分布荷重を集中荷重に置き換えます。
P=2KN✕3m=6KN
次に左側の支点に作用する反力モーメント(MA)が0であること(移動端、回転端の場合モーメント反力は0です。)を利用し、鉛直反力VBを求めて行きます。
MA=6KN✕(2m+(3m/2))-VB✕6m=0
21KN=6VB
VB=3.5KN

外力と反力は釣り合っていることから、鉛直方向の外力=鉛直方向の反力となりますので
VA+VB-6KN=0
VA+3.5KN-6KN=0
VA=2.5KN

よって、VA=2.5KN VB=3.5KN
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は【2】です。

ΣMB=0
-2.5×6-6VA=0  ∴VA=2.5
ΣMA=0
3.5×6-6VB=0  ∴VB=3.5
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。