過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 1 問11を出題

問題

[ 設定等 ]
鋼の一般的な性質に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鋼は、弾性限度内であれば、引張荷重を取り除くと元の状態に戻る。
   2 .
鋼の引張強さは、250~300℃程度で最大となり、それ以上の高温になると急激に低下する。
   3 .
鋼は、炭素含有量が多くなると、破断までの伸びが大きくなる。
   4 .
鋼のヤング係数は、約2.05×105N/mm2で、常温では鋼材の強度にかかわらずほぼ一定である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 1 問11 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
正解は3です。

鋼は炭素含有量が多くなると強度があがり、もろくなり、伸びが小さくなります。


1.弾性限度とは物質が元の状態に戻れる限界の変形範囲であり、引張荷重を取り除くと元の状態に戻ります。

2.鋼の引張強さは250~300℃程度で最大となり、500℃で通常の1/2程度、1000℃でほぼ0となります。

4.ヤング係数はひずみ度と応力度の比例関係であり、鋼の引張強度に関係無く一定です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は【3】です。

1.鋼は、弾性限度内であれば、引張荷重を取り除くと元の状態に戻ります。

2.鋼の引張強さは、250~300℃程度で最大となり、それ以上の高温になると急激に低下します。
500℃では、常温の半分程度の強度になってしまいます。

3.鋼の引張り強度は、炭素含有量が0.85%程度で最大となり、それを超えた場合は強度が低下します。

4.鋼のヤング係数は、約2.05×105Nmm2で、常温では鋼材の強度にかかわらずほぼ一定です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。