過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 3 問21を出題

問題

[ 設定等 ]
型枠の支保工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
開口部がない壁が梁の幅方向の中央に付いていたので、梁の支柱をせき板と同時に取り外した。
   2 .
パイプサポートの頭部及び脚部は、大引及び敷板に釘で固定した。
   3 .
地盤上に直接支柱を立てるため、支柱の下に剛性のある敷板を敷いた。
   4 .
パイプサポートに水平つなぎを設けるため、番線を用いて緊結した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 3 問21 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
正解は【4】です。

1.開口部がない壁が梁の幅方向の中央に付いている場合、梁の支柱をせき板と同時に取り外すことができます。

2.パイプサポートの頭部及び脚部は、大引及び敷板に釘で固定します。

3.地盤上に直接支柱を立てる場合、支柱の下に剛性のある敷板を敷くか、コンクリートの上に立てる等の沈下に対する対策を講じる必要があります。

4.パイプサポートに水平つなぎを設けるため、ボルトまたは専用金具を用いて緊結します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

水平繋ぎは根がらみクランプなどの専用金具を用います。

1.開口部がない壁が梁の幅方向の中央に付いている場合、梁の支柱をせき板と同時に取り外すことができます。

2.パイプサポートの頭部及び脚部は、移動しないよう、大引及び敷板に釘で堅固に固定します。

3.地盤上に直接支柱を立てる場合は、沈下しないよう、支柱の下に剛性のある敷板を敷きます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。