過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 3 問24を出題

問題

[ 設定等 ]
在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
せいが異なる胴差の継手は、受材心より150mm程度持ち出し、腰掛けかま継ぎとし、ひら金物両面当て釘打ちとした。
   2 .
土台の継手は、腰掛けあり継ぎとし、下木となる方をアンカーボルトで締め付けた。
   3 .
垂木の継手は、母屋の上でそぎ継ぎとし、釘打ちとした。
   4 .
大引の継手は、床束心から150mm程度持ち出し、腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 3 問24 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
24
評価しない
正解は【2】です。

1.せいが異なる胴差の継手は、受材心より150mm程度持ち出した位置で継ぐようにします。
継ぎ手は、腰掛けかま継ぎとし、ひら金物両面当て釘打ちとします。

2.土台の継手は、腰掛けあり継ぎとし、土台の浮き上がりや、基礎からのずれを防止するため、上側になる木をアンカーボルトで締め付けます。

3.垂木の継手は、母屋の上でそぎ継ぎとし、釘打ちとします。

4.大引の継手は、床束心から150mm程度持ち出し、腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は2です。

土台継手は、下木の引抜けを防止するため、上木となる方をアンカーボルトで締め付けます。

1.せいが異なる胴差の継手は、設問の通り、受材心より150mm程度持ち出し、腰掛けかま継ぎとし、ひら金物両面当て釘打ちとします。

3.垂木の継手は、母屋の上でそぎ継ぎとし、釘打ちとします。

4.大引の継手は、床束心から150mm程度持ち出し、腰掛けあり継ぎとし、釘打ちとします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。