過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 3 問26を出題

問題

[ 設定等 ]
有機系接着剤による壁タイル後張り工法に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
外壁の施工に使用する接着剤は、練混ぜの必要がない一液反応硬化形のものを使用した。
   2 .
張付け用接着剤は、くし目立てに先立ち、こて圧をかけて平坦に下地に塗り付けた。
   3 .
くし目立ては、くし目ごての角度を壁面に対し直角とし、くし目を立てた。
   4 .
二丁掛けのタイル張りは、密着張りで使用する振動工具で加振して張り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 3 問26 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
正解は【3】です。

1.外壁の施工には、一液反応硬化型の接着剤を使用します。

2.張付け用接着剤は、くし目立てに先立ち、こて圧をかけて平坦に下地に塗り付けします。

3.有機系接着剤のくし目立ては、下地壁面に対し、こての角度を45~60度とし、くし目を立てます。

4.二丁掛けタイル張りは、密着張りで使用する振動工具を用いて、下地に塗った張付けモルタルに埋め込むように密着させて張付けします。
張付けモルタルの塗り厚は、5~8㎜とし、2回に分けて塗り付けします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は3です。

くし目立ては、下地面に対して45~60度でくし目を立てます。

1.外壁の施工に使用する接着剤は、練混ぜの必要がない一液反応硬化形のものを使用します。

2.張付け用接着剤は、くし目立てに先立ち、こて圧をかけて平坦に下地に塗り付けます。

4.二丁掛けのタイル張りは、密着張りで使用する振動工具で加振して張り付けます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。