過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 4 問34を出題

問題

[ 設定等 ]
仮設計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ハンガー式門扉は、重量と風圧を軽減するため、上部を網状の構造とすることとした。
   2 .
下小屋は、材料置場の近くに設置し、電力及び水道等の設備を設けることとした。
   3 .
休憩所内は、受動喫煙を防止するため喫煙場所を区画し、そこに換気設備と消火器を設けることとした。
   4 .
鋼板製仮囲いの下端には、雨水が流れ出やすいようにすき間を設けることとした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 4 問34 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は4です。

工事敷地内の雨水は雨水計画に基づき経路を定め、適切に排水します。

1.ハンガー式門扉の上部を網状とすれば、重量と風圧を軽減することができます。

2.下小屋には電力及び水道等の設備を設け、材料置場の近くに設置します。

3.休憩所内は喫煙場所を区画し、利便性や安全性に配慮し、換気設備と消火器を設けます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1.〇 仮設計画におけるハンガー式門扉とは、工事現場の出入り口に設けられる大型のゲートのことです。
ダンプカー等がそこから出入りします。
それなりに高さがあるので、重量、風圧軽減のために上部を網状の構造とすることは重要です。

2.〇 下小屋は、職人さんが材料の加工場として利用することもあります。
設置場所は材料置場の近くとし、電力、水道設備を設けることは現場作業をスムーズに進める上で重要です。

3.〇 休憩場所では、受動喫煙防止の為、喫煙場所を区画し、換気設備を設け、万一の火災に備えて消火器を設置します。

4.✕ 工事現場内の雨水は敷地外に流すのではなく、敷地内で経路を定め、適切に排出します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。