過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 4 問37を出題

問題

[ 設定等 ]
バーチャート工程表に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
各作業ごとの日程及び工事全体の工程計画が、比較的容易に作成できる。
   2 .
出来高の累計を重ねて表現すれば、工事出来高の進ちょく状況を併せて把握しやすい。
   3 .
多くの種類の関連工事間の工程調整に有利である。
   4 .
縦軸に工事項目を、横軸に各工事日数を示し、各作業を横線で表したものである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 4 問37 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は3です。
バーチャート工程表では、関連工事間の工程が把握しにくい為、工事間の工程調整は出来ません。
設問はネットワーク工程表の特徴を示しています。

1.各作業ごとの独立した日程表の為、比較的容易に作成できます。

2.設問の通り、出来高の累計を重ねて表現すれば、工事出来高の進ちょく状況を併せて把握しやすいです。

4.設問の通り、縦軸に工事項目を、横軸に各工事日数を示し、各作業を横線で表した棒グラフ状ものです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
バーチャート工程表とは、縦軸に工種、横軸に日付を記し、棒グラフで各工程にかかる日数を示したものです。

1.〇 各作業ごとの日程及び工事全体の工程計画を容易に作成できます。

2.〇 出来高累計を重ねて表記することで、工事出来高の進捗管理も同時に行えます。

3.✕ 関連工種間の工程調整にはネットワーク工程表を作成し、クリティカルパスを把握しながら管理します。

4.〇 設問の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。