過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)前期 4 問41を出題

問題

[ 設定等 ]
工事現場の安全管理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
安全施工サイクルとは、安全衛生管理を進めるため、毎日、毎週、毎月と一定のパターンで取り組む活動である。
   2 .
新規入場者教育では、作業手順のほかに安全施工サイクルの具体的な内容、作業所の方針などの教育を行う。
   3 .
安全朝礼では、作業が始まる前に作業者を集め作業手順や心構え、注意点を周知する。
   4 .
ゼロエミッションとは、作業に伴う危険性又は有害性に対し、作業グループが正しい行動を互いに確認し合う活動である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)前期 4 問41 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は4です。

ゼロエミッションとは環境に係る専門用語で、環境を汚染したり、気候を混乱させる廃棄物を排出しない取組みです。設問はKY活動を指します。

1.安全施工サイクルとは、安全衛生管理を進めるため、毎日、毎週、毎月と一定のパターンで取り組む活動です。

2.新規入場者教育では、作業手順のほかに安全施工サイクルの具体的な内容、作業所の方針などの教育を行います。

3.安全朝礼では、作業が始まる前に作業者を集め作業手順や心構え、注意点を周知します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.〇 安全施工サイクルとは、品質のよいものを無事故、無災害で作りあげる目的で、毎日、毎週、毎月など一定のパターンのもと、取り組む活動です。
例えば、毎日の内容では、安全朝礼、作業手順確認、作業前巡視、現場所長巡視、作業中指導、後片付け等があります。
毎月のものでは安全大会などがこれにあたります。

2.〇 設問の通りです。

3.〇 設問の通りです。

4.× 設問はKY活動の説明です。
ゼロエミッションとは、産業廃棄物の排出量をゼロに近づける取り組みのことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。