過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 2 問17を出題

問題

[ 設定等 ]
給排水設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
水道直結直圧方式は、水道本管から分岐した水道引き込み管に増圧給水装置を直結し、建物各所に給水する方式である。
   2 .
中水道とは、水の有効利用を図るため、排水を回収して処理再生し、雑用水などに再利用する水道のことである。
   3 .
排水系統に設ける通気管は、排水トラップの破封を防止するためのものである。
   4 .
公共下水道の排水方式には、汚水と雨水を同一系統で排除する合流式と、別々の系統で排除する分流式とがある。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 2 問17 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は1です。
「水道直結直圧方式」とは、水道本管の水圧を利用して給水する方式です。

2. 中水道とは、水の有効利用を図るため、排水を回収して処理再生し、便所の洗浄水の様な雑用水などに再利用する水道のことです。

3.排水系統に設ける通気管は、排水トラップの破封現象を防止するとともに、排水管内の流れを円滑にし、かつ排水管内の空気を流通させて管内換気を行うためのものです。

4.公共下水道の排水方式には、汚水と雨水を同一系統で排除する「合流式」と、別々の系統で排除する「分流式」とに分けられます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

最も不適当なものは1です。

1.水道直結直圧方式とは、水道本管の水圧を利用して各蛇口に給水する方式です。

2.問題文の通りです。

中水道とは、水の有効利用を図るため、排水を回収して処理再生し、雑用水などに再利用する水道のことです。

3.問題文の通りです。

排水系統に設ける通気管は、排水トラップの破封を防止するためのものです。

4.問題文の通りです。

公共下水道の排水方式には、汚水と雨水を同一系統で排除する合流式と、別々の系統で排除する分流式の2種類があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。