過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 3 問22を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨工事における錆止め塗装に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
素地調整を行った鉄鋼面は、素地が落ち着くまで数日あけて錆止め塗装を行った。
   2 .
角形鋼管柱の密閉される閉鎖形断面の内面は、錆止め塗装を行わなかった。
   3 .
コンクリートに埋め込まれる鉄骨梁に溶接された鋼製の貫通スリーブの内面は、錆止め塗装を行った。
   4 .
組立てによって肌合せとなる部分は、錆止め塗装を行わなかった。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 3 問22 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
正解は1です。
素地調整を行った場合は、錆びやすいので直ぐに塗装を行わなければなりません。

2.角形鋼管柱の様に、密閉される閉鎖形断面の内面は、錆止め塗装を行ってはいけません。

3.コンクリートに埋め込まれる鉄骨梁に溶接された鋼製の貫通スリーブの内面及び端面は、錆止め塗装を行います。

4.組立てによって肌合せ(密着)となる部分は、錆止め塗装を行ってはいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

最も不適当なものは1です。

1.素地調整とは塗装前にケレン作業を行い錆落とすことで、素地調整を行った鉄鋼面は錆止め塗装を行い皮膜を作ることで錆を防止します。

2.問題文の通りです。角形鋼管柱の密閉される閉鎖形断面の内面は、錆止め塗装は行いません

3.問題文の通りです。コンクリートに埋め込まれる鉄骨梁に溶接された鋼製の貫通スリーブの内面は、錆止め塗装を行います

4.問題文の通りです。ボルトの摩擦面や組立てによって肌合せとなる部分、コンクリートに埋まる部分などには錆止め塗装を行いません

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。