過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 3 問26を出題

問題

[ 設定等 ]
内壁空積工法による張り石工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
だぼの取付け穴は、工場で加工した。
   2 .
一般部の石材は、縦目地あいばにだぼ及び引き金物を用いて据え付けた。
   3 .
引き金物と下地の緊結部分は、取付け用モルタルを充填し被覆した。
   4 .
引き金物用の道切りは、工事現場で加工した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 3 問26 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は2です。
一般部の石材は、縦目地ではなく、横目地あいばにだぼ及び引き金物を用いて据え付けます。

1.だぼの取付け穴は、石の据え付け前に工場で加工しておきます。

3.引き金物と下地の緊結部分は、石裏と下地面との間に50×100(mm)程度にわたって、取付け用モルタル等の充填材料を充填し被覆します。

4.引き金物用の道切りは、下地鉄筋との位置を調整する必要があるので工事現場にて、据え付け前に加工します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

最も不適当なものは2です。

1.問題文の通りです。だぼや引き金物、金物の穴開けなど張り石の施工精度に影響が出てしまうため、据え付け前の工場で加工を行います。

2.一般部の石材は、縦目地ではなく、横目地あいばにだぼ及び引き金物を用いて据え付けます

3.問題文の通りです。内壁真空工法は石材を引き金物で緊結し取付け用モルタルを充填することによって被覆する工法です。

4.道切りとは、かすがいや引き金物を納めるために、隣合う石材の相対するこば面に彫る溝のことをいいます。道切りも張り石の施工精度に影響が出てしまうため、据え付け前の工場で加工を行います。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。