過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 3 問30を出題

問題

[ 設定等 ]
塗装の素地ごしらえに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鉄鋼面に付着した機械油の除去は、石油系溶剤を用いて行った。
   2 .
木部面の穴埋めは、節止めを行ってからパテを充填した。
   3 .
せっこうボード面のパテかいは、合成樹脂エマルションパテを用いて行った。
   4 .
モルタル面の吸込止めは、パテかいを行った後に、シーラーを全面に塗り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 3 問30 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正解は4です。
セメント系及びせっこう系の素地ごしらえ(素地調整)の手順は以下のようになります。
①汚れ・付着物等の除去②吸込止め③パテかい
④パテ付け⑤研磨

吸込止めは、パテかいの前に行います。

1.鉄鋼面に付着した機械油の除去は、
化成皮膜処理では、
アルカリ性脱脂剤で加熱処理後、湯又は水洗い。
ブラストでは、
石油系溶剤等を用いた溶剤ぶきとなっています。

2.木部面の素地ごしらえ(素地調整)の手順は以下のようになります。
①汚れ・付着物等の除去②研磨(#120~220)③ふし止め(シェラックニス)
④パテかい(ポリエステル樹脂パテ)⑤研磨(#180~220)

3.セメント系及びせっこう系面のパテかいは、合成樹脂エマルションパテ、合成樹脂パテ、反応形成合成樹脂パテ、セメント系下地調整剤を用います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

最も不適当なものは4です。

1.問題文の通りです。鉄鋼面に付着した機械油の除去は、石油系溶剤を用いて落とします

2.問題文の通りです。①汚れ・付着物等の除去②研磨③ふし止め④パテかい⑤研磨の順番で行います。

3.せっこうボード面のパテかいは、合成樹脂エマルションパテ、合成樹脂パテ、反応形成合成樹脂パテ、セメント系下地調整剤等を用いて行います。

4.モルタル面の素地ごしらえの手順は①汚れ・付着物等の除去②吸込止め③パテかい④パテ付け⑤研磨となります。モルタル面の吸込止め、シーラー塗布の後にパテかいを行います

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。