過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 4 問42を出題

問題

[ 設定等 ]
通路及び足場に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
枠組足場の墜落防止設備として、交さ筋かい及び高さ15cm以上の幅木を設置した。
   2 .
枠組足場に使用する作業床の幅は、30cm以上とした。
   3 .
屋内に設ける作業場内の通路は、通路面からの高さ1.8m以内に障害物がないようにした。
   4 .
折りたたみ式の脚立は、脚と水平面との角度を75度以下とし、開き止めの金具で止めた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 4 問42 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は2です。
高さ2m以上の作業場所には、作業床を設けなければなりません。
また、作業床は吊り足場の場合を除き、幅40cm以上、床材間の隙間は3cm以下、床材と建地間の隙間は12cm未満としなければなりません。

1. 墜落のおそれのある箇所には、枠組足場の墜落防止設備として、交さ筋交い及び高さ15cm以上40cm以下の桟もしくは高さ15cm以上の幅木又はこれらと同等以上の機能を有する設備を設け、労働者の安全に配慮します。

3. 屋内に設ける作業場内(工場や倉庫等)の通路は、通路面からの高さ1.8m以内に障害物がないようにしなければなりません。

4.折りたたみ式の脚立は、脚と水平面との角度を75度以下とし、脚と水平面との角度を確実に保つため、開き止めの金具等を備えなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

不適当なものは2です。

1.問題文の通りです。枠組足場の墜落防止設備として、交さ筋かい及び高さ15cm以上の幅木もしくは、15cm以上40cm以下の下さんを設置します。

2.枠組足場に使用する作業床の幅は、40cm以上で床材の隙間は3cm以下とし、2箇所以上を緊結します。

3.問題文の通りです。屋内に設ける作業場内の通路は、通路面からの高さ1.8m以内に障害物がないようにしないといけません。

4.問題文の通りです。折りたたみ式の脚立は、脚と水平面との角度を75度以下とし、開き止めの金具で止めなければいけません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。