過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 1 問8を出題

問題

[ 設定等 ]
構造材料の力学的性質に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
一定の大きさの持続荷重によって、時間とともにひずみが増大する現象をクリープという。
   2 .
物体に外力を加えて変形した後に、外力を除いても、変形が残る性質を弾性という。
   3 .
弾性係数の一つで、垂直応力度σと材軸方向のひずみ度εとの比(σ/ε)をヤング係数という。
   4 .
細長い材の材軸方向に圧縮力が生じているとき、その力がある限界を超えると、その材が安定を失って曲がる現象を座屈という。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 1 問8 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
1.設問の通り。

2.誤りです。
弾性とは応力を加えるとひずみが生じて変形するが、除荷すれば元の寸法に戻る性質のことです。
設問は「塑性」に関する記述である。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない

不適当なものは2です。

1.問題文の通りです。クリープ現象とは、応力が作用した時に、時間とともにひずみが増大する現象です。

2.弾性とは、応力による部材の変形が、力を除いた際に元の形に戻る性質のことです。

変形が残る性質は、塑性といいます。

3.問題文の通りです。ヤング係数とは、応力度σとひずみ度εとの比例定数です。(σ/ε)

4.問題文の通りです。座屈とは圧縮力を受ける材が、荷重を受け続けある限度に達した時に材が曲がり壊れる現象のことです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。