過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問21を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの調合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
コンクリートに含まれる塩化物は、原則として塩化物イオン量で0.30kg/m3以下とする。
   2 .
単位セメント量は、水和熱及び乾燥収縮によるひび割れを防止する観点からは、できるだけ少なくする。
   3 .
単位水量は、最大値を185kg/m3とし、所定の品質が確保できる範囲内で、できるだけ少なくする。
   4 .
細骨材率は、乾燥収縮によるひび割れを少なくするためには、高くする。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問21 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。
コンクリートの乾燥収縮は、単位水量、単位セメント量、セメントの性質、骨材の種類、養生方法、混和剤などに影響されるが、この中でも単位水量の影響が最も大きいです。

4.誤りです。
一般にコンクリートの乾燥収縮によるひび割れを少なくするためには細骨材率を低くします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
1.設問の通りです。

2.設問の通りです。
単位セメント量は大きくなるほどひび割れが発生しやすくなります。

3.設問の通りです。
単位水量が大きいほど乾燥による収縮が大きくなり、ひび割れが発生しやすくなります。

4.細骨材率を高くすると流動性のあるスランプ値の高いコンクリートとなります。
単位水量も大きくなるので乾燥収縮によるひび割れが発生しやすくなります。
よって細骨材率は低くするほうが良いので設問は誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。