過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問20を出題

問題

[ 設定等 ]
型枠の締付け金物等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
独立柱の型枠の組立てには、セパレータやフォームタイが不要なコラムクランプを用いた。
   2 .
打放し仕上げとなる外壁コンクリートの型枠に使用するセパレータは、コーンを取り付けないものを用いた。
   3 .
外周梁の側型枠の上部は、コンクリートの側圧による変形防止のため、スラブ引き金物を用いて固定した。
   4 .
型枠脱型後にコンクリート表面に残るセパレータのねじ部分は、ハンマーでたたいて折り取った。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問20 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない

1.3.4.設問の通りです。

2.打放仕上げとなる場合のセパレータはコーンを取付けものを使用します。

セパレータの鉄部から錆が発生するためです。

一般的にはコーン跡をモルタルで詰めて化粧仕上げとします。

よって誤りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.設問の通り。

2.誤りです。
打放し仕上げの場合、セパレーター金属部分が仕上げ面に残りること、また鉄部分露出なのでサビが浮くのを避けるためコーン付きのセパレーターとすることが一般的です。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。