過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問24を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋コンクリート造建築物の解体工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
地上作業による解体は、地上から解体重機で行い、上階から下階へ床、梁、壁、柱の順に解体していく。
   2 .
階上作業による解体は、屋上に揚重した解体重機で最上階から解体し、解体で発生したコンクリート塊を利用してスロープをつくり、解体重機を下階に移動させながら行う。
   3 .
外周部の転倒解体工法では、外周部を転倒させる床に、事前にコンクリート塊や鉄筋ダンゴなどをクッション材として積んでおく。
   4 .
外周部の転倒解体工法では、最初に柱脚部の柱主筋をすべて切断し、次に壁下部の水平方向、壁及び梁端部の垂直方向の縁切りを行った後に転倒させる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問24 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
一般的に解体工事は、組み立てる順番の逆です。

1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
柱脚部の柱主筋の切断は一番最後に行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.2.3.設問の通りです。

4.柱脚部の主筋切断は最後に行います。
解体工事は組み立てる順番の逆で行います。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。