過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 5 問50を出題

問題

[ 設定等 ]
次の建設作業のうち、「騒音規制法」上、特定建設作業に該当しないものはどれか。
ただし、作業は開始した日に終わらないものとする。
   1 .
環境大臣が指定するものを除く、原動機の定格出力が80kWのバックホウを使用する作業
   2 .
環境大臣が指定するものを除く、原動機の定格出力が70kWのトラクターショベルを使用する作業
   3 .
くい打機をアースオーガーと併用するくい打ち作業
   4 .
圧入式を除く、くい打くい抜機を使用する作業
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 5 問50 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
騒音規制法は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴って発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行うとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境への配慮や国民の健康の保護することを目的としています。

1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.誤りです。
杭打機、杭抜き機は騒音規制法の対象建設機材ですが、「アースオーガーと併用する場合」は除外されてます。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.2.4.該当します。

3.くい打機は対象建設機材ですが、アースオーガーと併用する場合は除外されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。