過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 1 問2を出題

問題

[ 設定等 ]
昼光に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
直射日光は、大気を透過して直接地表に届く昼光の成分である。
   2 .
昼光率は、屋外の全天空照度が大きくなると、低くなる。
   3 .
室内のある点における昼光率は、時刻や天候によって変化しない。
   4 .
室内の要求される基準昼光率は、居間より事務室の方が高い。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 1 問2 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
24
評価しない
昼光とは太陽の光のことです。

1.設問の通り。

2.誤りです。
昼光率とは、採光による室内の明るさを表すもので、屋外の明るさに対して室内のある面の明るさの比です。
昼光率 =室内のある点の水平面照度/その時の全天空水平面照度 ×100(%)

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
1.3.4.設問の通りです。

2.昼光率とは直射日光を除く屋外の照度(全天空照度)に対する室内の測定点の照度の比のことです。
全天空照度が大きくなれば室内に差し込む照度も大きくなるので昼光率も大きくなります。
よって誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。