過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 1 問4を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋コンクリート構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
耐震壁の壁量は、地震力などの水平力を負担させるため、下階よりも上階が多くなるようにする。
   2 .
大梁は、床の鉛直荷重を支えるとともに、柱をつなぎ地震力などの水平力にも抵抗する部材である。
   3 .
柱と梁の接合部を剛接合とした純ラーメン構造は、骨組みで地震力などの水平力に抵抗する構造である。
   4 .
床スラブは、床の鉛直荷重を梁に伝えるとともに、架構を一体化し地震力などの水平力に抵抗させる役割も持っている。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 1 問4 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
1.誤りです。
耐震設計では、「剛性率」「偏心率」の指標を使います。地震力による水平方向の建物変形を考える場合、押された方への平行移動に加え、回転しようとする力(ねじれ)が生じます。上部の偏りが大きいとねじれやすく、偏心率が大きいということになります。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.耐震壁の壁量は建物の応力等により下階のほうが多くなります。
よって誤りです。

2.3.4.設問の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。