過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 1 問10を出題

問題

[ 設定等 ]
図に示す単純梁に集中荷重2P及び3Pが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。
ただし、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 1 問10 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
正解は2です。

複数の集中荷重が存在する場合、最大曲げモーメントを単純に加算するのは誤りです。
まず3Pの荷重点における曲げモーメントのM1と、2Pの荷重点における曲げモーメントのM2を考えます。
そして3Pの2P荷重点でのモーメント、2Pの3P荷重点でのモーメントをそれぞれ考えた後、M1とM2にそれぞれ足します。
そのM1合成とM2合成を比較し、大きい方が集中荷重による最大曲げモーメントです。
よって、P3が一番大きく、右支点へは0へとそのまま収束し、左支点方向へは2P荷重点で合成モーメント分まで下がり、その後収束する形になります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
両端に応力が発生していないので両端ともモーメントは0になります。
この時点で3.4の選択肢はなくなります。
また、荷重が2か所ですが1のように途中でモーメントが小さくなることも考えられません。
よって選択肢は2となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。