過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 1 問14を出題

問題

[ 設定等 ]
カーペットに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
タフテッドカーペットは、パイル糸をうね状に並べて基布に接着固定した敷物である。
   2 .
ウィルトンカーペットは、基布とパイル糸を同時に織り込んだ、機械織りの敷物である。
   3 .
ニードルパンチカーペットは、シート状の繊維で基布を挟み、針で刺して上下の繊維を絡ませた敷物である。
   4 .
タイルカーペットは、バッキング材を裏打ちしたタイル状敷物である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 1 問14 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
21
評価しない
1.誤りです。
タフテッドカーペットは接着剤を機械で刺し織りの後に、抜け防止にコーティングします。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない

最も不適当なものは1です。

1.タフテッドカーペットは、針でパイル糸を刺繍し、抜け防止のため裏にラテックスゴムを塗布したものです。

2.問題文の通りです。ウィルトンカーペットは、基布とパイル糸を同時に織り込んだ、機械織りの敷物です。パイル糸が細かく織り込まれているため、表面がキレイに仕上がり耐久性があるカーペットです。

3.問題文の通りです。ニードルパンチカーペットは、シート状の繊維で基布を挟み、高速で動くニードルで刺して上下の繊維を絡ませた敷物です。薄くて軽く耐久性があります。

4.問題文の通りです。タイルカーペットは40~50㎝角の大きさのバッキング材を裏打ちしたタイル状のカーペットです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。