過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問19を出題

問題

[ 設定等 ]
地業工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
砂利地業に用いる再生クラッシャランは、岩石を破砕したものであり、品質にばらつきがある。
   2 .
土間コンクリートの下の防湿層は、断熱材がある場合、断熱材の直下に設ける。
   3 .
砂利地業の締固めは、床付地盤を破壊したり、さらに深い地盤を乱さないよう、注意して行う。
   4 .
砂利地業の締固めによるくぼみが生じた場合は、砂又は砂利を補充して再度転圧する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問19 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
1.誤りです。
再生クラッシャランは解体工事、土木建設現場などから出る産業廃棄物のアスファルトコンクリート、セメントコンクリート、レンガ等を破砕し粒度調整したリサイクル材のことをいいます。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

最も不適当なものは1です。

1.再生クラッシャランは岩石を破砕したものではなく、解体工事などで出たコンクリート廃材を基に製造したクラッシャランのことです。

2.問題文の通りです。土間コンクリートの下の防湿層は、断熱材がある場合、断熱材の直下に設けます。

3.問題文の通りです。砂利地業の締固めは、床付地盤を破壊したり、さらに深い地盤を乱さないように注意して行います

4.問題文の通りです。砂利地業の締固めによるくぼみが生じた場合は、砂又は砂利を補充してその部分を再度転圧をします。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。