過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)後期 3 問21を出題

問題

[ 設定等 ]
型枠支保工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
支柱にパイプサポートを使用する場合、継手は差込み継手としてはならない。
   2 .
支柱にパイプサポートを使用する場合、パイプサポートを3以上継いで用いてはならない。
   3 .
柱、壁及び梁側型枠のせき板を保持する場合、支保工は一般に内端太及び外端太により構成する。
   4 .
軽量型支保梁を受ける梁型枠の支柱にパイプサポートを使用する場合、パイプサポートは2列に設ける。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 3 問21 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない

1.誤りです。

パイプサポートを継いで用いるときは、4本以上のボルト又は専用の金具を用いて継ぎます。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.設問の通り。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

最も不適当なものは1です。

1.パイプサポートの接合部は、ボルト4本以上か専用の金具を用いて継ぎます

2.問題文の通りです。

支柱にパイプサポートを使用する場合、パイプサポートを3以上継いで用いてはなりません

3.問題文の通りです。

柱、壁及び梁側型枠のせき板を保持する場合、支保工は一般に内端太及び外端太により構成します。

4.問題文の通りです。

軽量型支保梁を受ける梁型枠の支柱にパイプサポートを使用する場合、パイプサポートは2列に設けて支えることは可能です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。